未丹

いまに

桜の蕾が開き花咲く直前の枝を遠目に見た時の、紅混じりの茶色。

今にも咲きそうな気配を匂わせる落ち着いで思わせ振りな色。

未だに紅でなく、丹に留まる。

「未丹」を使った短歌を投稿できます。

コメント: 0