未世

いまだよ

産まれて来る前の魂が微睡んでいる揺り篭のような世界。

時間で言えば、未明の遠くから近付いて来る頃。

たとえば、おかあさんのおなかのなかとか、たまごのなかとか。

「未世」を使った短歌を投稿できます。

コメント: 0