春吹く

はるふく、はるぶく

立夏前後のまだ春めいている頃に、太陽の眩しさや風に薫る青草の瑞々しさなどに夏らしさを感じること。

春が吹きて舞い込み来る命の猛りを夏と云う。

「春吹く」を使った短歌を投稿できます。

コメント: 0